法律に関する仕事といえば

法律、国に定められた規則のことです。
この法律を違反することは何があってもいけないという認識があると思います。
もちろん仕事などをしていく上で知らず知らずのうちに破ってしまうということもあるかもしれません。
違反をすれば、刑事罰などに問われる可能性もあります。
しかし、これがないと日本の中での秩序が守られないということになりますので、非常に重要なものなのです。
この法律に関する仕事の中で一番有名なのが弁護士です。
弁護士は仕事の全てが法に関係しているといっても過言ではありません。
その役割はある裁判において、容疑者などを弁護するものです。
法に基づいた正確な判断とその対応力、論理力が求められます。
現在では数多くの弁護士がいますが、今でもかなり人気のある職業です。
法のプロフェッショナルとして、有名になればテレビ番組への出演をする人もいます。
弁護士以外で言えば、司法書士や行政書士などの職業も法に携わると言えます。

インターネットの著作権はどこまで適用されるのか

ブログやサイトなどを見ると、以前どこかのウェブサイトで見かけた文章や画像を見かけることが良くあります。
こうしたネット上の引用を引用元の許可なく掲載することについて法律に抵触するのかを確認してみました。
著作権法によると引用については認められているようです。
これはネットだけではなく紙の印刷物の媒体においても同様で、著者の許可を得る必要はなく自由に引用できます。
この定義では引用が良いのであれば著作物を丸々掲載しても良いのかと解釈してしまいそうですが、そうではありません。
本人は引用したつもりでも過大な解釈により違法な無断掲載となる可能性があるのです。
著作権法32条によると引用するには合理性や必要性があることが必要で、必要最低限の範囲を超えて引用してはならないとされています。
非常に難しい解釈定義ですが、要は度を過ぎた引用は法に抵触することになるのです。
報道系などのメディアなど多くの人が閲覧するサイトページからの引用は気を付けなければなりません。
メディアが発信する殆どの情報には著作権が適用されるからです。
引用するのであれば見出しだけにしてソースリンクを貼りつけるくらいに留めておくことです。